2017年10月15日日曜日

9月の3連休旅行:笠間城 (茨城県笠間市)

2017年9月18日訪城。

9月の連休は台風と前線を回避しながら津々浦々を彷徨い、最終日の18日に関東へ戻ってきた際に晴天となった為、帰路の途中で笠間へと立ち寄った。笠間にはまだ訪れていなかった笠間城があったからである。

笠間城は鎌倉時代に藤原時朝(笠間氏)が築いた山城で、1598年に蒲生氏が宇都宮の転封された際に蒲生家の蒲生郷成によって天守台等の石垣を築く大改修が行われている。その後、松平氏が城主となって笠間藩が誕生し、以後目まぐるしく藩主が変わった。余談だが、歴代藩主の中には赤穂浪士で有名な浅野家もあった。

笠間城下屋敷跡(山麓公園)
まずは山の麓の下屋敷跡である山麓公園に立ち寄ったが、ここには当時の時鍾があり、画像の建物が時鍾楼である。この建物自体は現代のもので、中に収められている時鍾が文化財となっている。下屋敷と直接関わり合いのあるものは無いが、地形そのものはまさに絵図の下屋敷の通りだった。


山道
下屋敷跡の公園から奥に進むと山道があり、そこから城山へと登れるのだが、絵図には屋敷から直接登る道は無い為、後世に造られた道だろう。ただ、いざとなった時に屋敷を出て大手門に回るというのも妙な為、当時から搦手の道はあったようにも思える。


本丸跡
途中車道を横切り山を登りきると広い平場に出るが、ここが本丸跡である。本丸に登る直前に石垣があるが、そこが宍ヶ崎櫓跡らしい。画像の奥に見える土塁が八幡台櫓跡で、本丸の土塁は本丸南側(この画像の右側)に良く残っている。


本丸の土塁の上
土塁はかなり大きく、土塁の上も画像の通り幅が広い。復元図だとここには塀が描かれているだけだが、多門櫓的な用途があったようにも感じられる


本丸の奥の空間
本丸の土塁はちょうど八幡台櫓跡の部分が仕切りのように本丸を分割しており、奥側の空間には石柱に囲まれた木が中央に一本あったが、特にこれについての説明は見当たらず、結局今も謎である。


本丸と天守曲輪の間の堀切と土橋
本丸と山頂がある天守曲輪との間は堀切で切られており、ここに土橋が架かっている。復元図だとここは木橋になっており、頂上に神社が移された際に土橋になったのだろうか?


天守台の石垣の最下層
天守曲輪の階段をしばらく登ると天守台に到着するが、ここは岩山を利用しつつ石垣の台が造られており、なかなか立派で迫力があった。


天守台の石垣と佐志能神社
石垣の天守台は4層になっており、最下層には登れたのだが、それより上は立ち入り禁止となっていたた為、画像の写真のみ撮影した。よく見ると画像でも所々崩れているが、震災によって一部崩落して危険な状態らしい。


本丸の側面の石垣
山頂まで行けなくて残念だったが、帰路は本来の登城路を辿って戻ることにした。本丸から二の丸に降りる部分には石垣がハッキリ残っており、いかにも大手道らしさがあった。二の丸の内部はただの雑木林と藪だったので割愛。


倒木
大手側には登城路の他に本丸まで車道が設けられているが、ここの道は倒木で塞がれていた。まぁ、一般人は下の駐車場までしか車で来ないので影響は無いとは思うが、これは台風によるものだろうか?


大手門跡
二の丸から登城路を降っていくと大手門跡があり、ここは内枡と外枡を堀切で挟んだような構造になっていてその造りに驚かされた。なお、ここにもしっかり石垣が使用されている。


千人溜(駐車場)
大手門跡の外側は広い空間になっており、現在は駐車場になっているが、当時は千人溜と呼ばれた場所だった。所謂、兵が集合点呼したり、馬を揃えたりした場所なのである意味では今も昔も駐車場である。


大黒石
山を下山中に見つけた「大黒石」。笠間城が出来る前に、佐白山の頂上付近にあったものらしく、佐白山の正福寺の僧兵と徳蔵寺の僧兵が争った際に、劣勢だった正福寺の僧兵が転がして落としたものらしい。徳蔵寺の僧兵はこの落石に巻き込まれて打撃を受けたため撤退したという。


笠間稲荷神社
城山から下山した後は笠間稲荷に参拝した。ここは稲荷寿司が名物らしいが、時間が遅かった為かどこの店も売り切れていたので、結局酒造店でソフトクリームを食べただけで帰途についた。

2017年9月23日土曜日

9月の3連休旅行:山形城 (山形県山形市)

2017年9月17日訪城。

9月の3連休はちょうど台風が直撃した為、行き当たりばったりで雨雲から逃げながら北関東と南東北を巡っていたが、中日の17日は山形県に入り山形城へと向かった。

もう何度も来ている山形城だが、ちょうど9月に「屏風折れ土塀」の跡が見つかったとのニュースが流れていたので、3連休のどこかで立ち寄りたいと考えての今回の訪城となった。なお、ちょうどこの日は河原の方で芋煮祭りをやっているらしく、街中と公園は普段よりも人がまばらだった。

発掘エリア
冷静に考えれば当然のことであるが、「屏風折れ土塀」の跡が見つかった二の丸北東部は発掘調査中で立ち入り禁止であり、肉眼でその跡を見ることは叶わなかった。


二の丸北部の土塁上
せっかくなので発掘調査エリアの外側の土塁上を散策したが、二の丸北部の画像の箇所にそれらしき屏風折れの痕跡を見つけることが出来たが、正直なところ掘ってみないと確証は得られないレベルで埋もれている。


二の丸南部の土塁上の塀の礎石
二の丸をぐるりと回ってみたが、基本的に北東部分以外は画像のように土塀の礎石は直線になっている。


二の丸南部の土塁上崩落個所
さすがに年月がかなり経っているため、画像の箇所のように礎石ごと土塁が外側に崩落して失われている箇所もあった。


巽櫓付近の土塀の礎石
散策可能な箇所の土塀礎石跡で面白いのが二の丸南東部の巽櫓跡で、画像は少しわかりづらいが、櫓に連結する土塀と、櫓の外側にある土塀の二種類の礎石が見られる。外側が古い土塀で、櫓に連結する方は後から造られた土塀とのこと。

2017年8月6日日曜日

7月の3連休旅行:高田城 (岩手県陸前高田市)

2017年7月16日訪城。

米ヶ崎城を散策後、浜田広綱の米ヶ崎城以前の居城である高田城に向かった。高田城は今回二度目だが、どうやら復興事業の一環で城跡の一部が消滅したと聞いたので確認も含めて再訪した。

城跡の入口
城跡の前の平地は10mほど嵩上げされているため、以前の記憶と比べるとかなり違和感がある光景がそこにあった。


高田城本丸
城内は八坂神社から本丸跡くらいまでは特に変わった様子は無く、東屋が老朽化のためか立ち入り禁止になっているくらいだった。


城から見た市街地
前回、城跡から見た光景は荒涼たる有様だったが、今回は嵩上げ台地の上に商業施設が出来て営業しており、だんだん新しい街が動き出している感じだった。


本丸背後の堀切
本丸背後の堀切にあるトイレも以前と同じ感じで相変わらず入りにくい雰囲気を醸し出していた。


八幡館(八幡神社)
本丸の背後が八幡館の郭で、城は元々はこちらが本丸(主郭)だったようである。八幡館も特に変わったところは無いが、松の木の倒木があった。


八幡館背後の堀切
八幡館の背後の堀切とその先の雑木林になった名称不明郭も以前見た光景と同じだったが…。


通行止め
名称不明郭の脇を抜けて、確かこの先に耕作地に使用されたような郭跡があったと思っていたら急に視界が開けて通行止めになっていた。


消滅部分の現状
どうやらこの先が復興事業で消滅したエリアのようで、重機が絶賛稼働中であった。とりあえず、通行止めの部分より先に入っては不味いだろうから、ここから先は確認せずに来た道を引き返した。


消滅前の郭(2013年)
過去に撮った画像を漁ってみると、どうやら消滅したのはこの辺りの郭跡のようだ。

消滅前の堀切(2013年)
画像の部分は城跡の恐らく北端だと思われる堀切跡で、この部分も当然ながら消滅した部分に含まれる。

2017年7月29日土曜日

7月の3連休旅行:米ヶ崎城 (岩手県陸前高田市)

2017年7月16日訪城。

7月15日は仙台から前谷地まで鉄道で移動し、そこからBRTで気仙沼まで移動して到着した頃にはすっかり夜だった。次の日は朝からBRTで陸前高田方面へと出かけた。気仙沼の旧鹿折唐桑駅前付近も大分建物が増えて変わっていたが、陸前高田の方は旧市街の中心部の嵩上げがある程度終わっていて、人造の台地の上に新たにショッピングモールが出来ていた。

今回向かった先は以前、蛇ヶ崎城を散策した後に向かおうとして海岸の道が通行止めで諦めた米ヶ崎城へのリトライである。米ヶ崎城は広田湾に山から突き出た丘陵が岬になっている場所で、気仙郡で大乱を起こしたことで名高い葛西氏家臣の浜田広綱の居城跡である。

岬の中ほどから主郭方面を見る
岬の基部に堀があってそこから岬の先端までが城跡だというが、現状は岬の北側半分ほどは住宅地になっている。画像は住宅地が途切れた所の浜から主郭方面を見た様子。


郭跡
住宅地の中は舗装されているが、城跡中心部に向かう道は山道に近い感じの道で、この先にある畑や神社へと続いているが、道を外れた場所にある郭跡は藪化していて平場だと辛うじてわかる程度だった。


二の郭跡と枯死した松
二の郭跡は現在畑になっており、この郭の北西部に松の巨木があるのだが、残念ながら枯死してしまっていた。ちなみに情報ではこの松の麓に浜田広綱の墓があるそうだが、この時は蜘蛛の巣との格闘に必死で確認していない。


主郭腰郭の紫陽花
主郭の腰郭まで来るとそこには紫陽花の群落が広がっており、ちょうど花を咲かせていて綺麗だった。ほとんどがガクアジサイだったため、写真だとボリュームが無いように見えるのが少々難点。


主郭腰郭のホンアジサイ
最初はガクアジサイだけかと思っていたが、よく見るとホンアジサイも所々に交じっていた。紫陽花はほぼ規則正しく並んでいるため、恐らく過去にこの地域の人が植えたものなのだろう。


主郭の米崎八幡神社
主郭跡には米崎八幡神社があるが、浜田氏が米ヶ崎城に移る前に居城としていた高田城にも八幡神社があるため、ここも浜田氏が城の守護として勧請した八幡神社が今に続いているものだろう。なお、岬の先端に近い丘の上だが、樹木が茂っているため展望は悪い。


岬の先端方面の郭
岬の先端に向かおうと思ったがこの先は藪化していたため諦めた。先人の写真を見ると画像の場所は綺麗に刈り払われてまるで芝生のようになっており、時の残酷さを感じる。

2017年7月22日土曜日

7月の三連休旅行:仙台城 (宮城県仙台市)

2017年7月15日訪城。

7月の三連休はGW以来久々に遠出が叶ったので、三陸方面へと出かけた。結論から言うと梅雨前線に振り回されて予定の半分以上が消化できない結果となり、ちょっと旅程には後悔が残った。

初日はほぼ移動だけのため、仙台に立ち寄って昼食ついでに伊達家の居城である仙台城へ向かった。


扇坂
仙台駅から仙台城に行く公共交通の手段は以前はバスだけだったが、今は地下鉄の「国際センター駅」からもアクセスできる。この駅から出てすぐの場所に扇坂があり、かつて一般の仙台藩士はここから御城に登城(出勤)していた。なので、仙台藩士気分でお城にいけるのだが、この坂を整備する際に盛り土をして写真の通りの階段を付けてしまったため、当時の気分そのままとはいかないのが惜しいところ。


二の丸の紫陽花
二の丸内部は大半が大学の施設なため見所が無いのが残念だが、公園部分に少ないながらも紫陽花が咲いていた。


二の丸のベンチ
昔、桜の時期に仙台城のこの場所では大学生が集まってここでバーベキューをしながら花見をしていたのが印象的だったが、今回訪れたら見違えるように綺麗なベンチになっていた。


中の門跡
二の丸から本丸に向かう途中にある中の門跡も整備が完了しており、砂利道だった場所は歩きやすい土色のアスファルトになって、ベンチなんかも出来ていた。


本丸の御殿跡
 仙台城の本丸は相も変わらず観光客と地元の人間で賑わっており、なるべく人物が写らないようにするのが大変だった。


本丸から見た城下町
本丸から見る景色は相変わらず絶景だったが、天候がイマイチなのが残念なところ。ただ、晴天だとこれ以上の暑さに打ちのめされるため悩ましい。


本丸の紫陽花
本丸でも紫陽花が咲いていたが、青と白だった二の丸と違い、こちらは紫とピンクだった。


2017年度のお花見:檜山城 (秋田県能代市)

2017年5月2日訪城。

羽黒山登山の後、山形県から秋田県に向かい、秋田で一泊した翌朝に檜山へと向かった。檜山はかつての安東氏の居城である檜山城があった城下町で、江戸時代は宿場町となった。

城下町の桜
桧山のかつて城下町だった住宅地にはどこもかしこも桜が咲いており、なんとも雅な感じだったが、意外にもこれらの桜は昭和の頃に記念で寄贈された桜を植えたのが始まりだという。


浄明寺山門
城下町の中にある浄明寺の山門は檜山城から移築された「城下がりの門」と言われてきたが、解体修理した結果ではどうやら寺の住職が建てたようで違うようだ。


北限の茶畑
桧山は日本では最も北にある茶畑がある。昔、檜山城を訪れた時には確か三の丸あたりにもお茶の木?が植えられていた気がする。


多賀谷館跡
桧山城から谷の城下町を挟んで西側の丘の上にあるのが江戸時代のこの地の代官である多賀谷氏の居城。内部は過去に訪れた時に散策しているが、今回は時間の都合でパス。


多宝院
前述の多賀谷氏の菩提寺が多宝院で、元々は常陸国の下妻にあったが、佐竹氏の転封に伴い家臣の多賀谷氏もこの地に移された際に、多賀谷氏の菩提寺であるこの寺もここに移転した。


多宝院のしだれ桜
この寺の枝垂桜は観光雑誌に載るほどで確かに見事だったが、時間が早すぎたせいで東から登る朝日の山影になってしまい満足の出来る写真が撮れなかった。


檜山城からの眺め
寺院を見た後は檜山城に登ったが、三の丸の端の土塁(櫓台?)の上から見た景色はなかなかの絶景だった。檜山が周囲を山に囲まれた中にある実に中世戦国時代らしい城下町の立地だということがよくわかる。今の大河ドラマでやってる井伊谷城の実物からの景色もこんな感じだった。


檜山城三の丸
桧山城の三の丸は尾根を水平に削平して作られているため細長い郭になっている。奥に見える土塁のような所が絶景ポイント。


檜山城本丸
桧山城の本丸には数は少ないが城下町同様に枝垂桜があってちょうど散り始めていた。よく見てみると八重桜と思われる木もあり、こちらはまだこの時(5/2)は蕾だった。


桝形虎口
本丸の背後の切岸の先の郭(名称不明)には恐らく城内で最も技巧的な桝形の虎口が残っており、虎口を出た先は堀切になっているため、背後の将軍山が先に陥落した後に本丸を守るための構造だというのが良くわかる。


動物の糞
以前来た時はこの虎口の先は蜘蛛の巣のオンパレードで破る作業にうんざりして途中で撤退したが、今回は動物の糞山を見つけて嫌な予感がしたため引き返す結果になった。これで通算2度目の敗退である。